ブログトップ > アーカイブ - 2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > アーカイブ - 2009年04月

滝上方面 藻興部川~オシラネップ川支流

本日は滝上方面へヤマメ釣りでした。
明後日から禁漁のため気合を入れての禁漁前ファイナルファイトです。
同行者は私の釣り師匠にあたる私の父と、いつも釣りに同行してくれる兄の3人で
決行しました。
まずは私の父が好きな川、藻興部川へ行ってみることに

ose.jpg
旭川市から約2時間で藻興部川に到着し
早々に準備を済ませ
早速川へ
koxtu.jpg
水量も多く濁りが入っていますが何とか釣りにはなりそうでしたので
少し竿を入れてみることにしましたが
pe.jpg
3人ともアタリは全くありません。
200mほど試して見ましたが
川を変えてみようという結果にいたり
オシラネップ川へ向かいました。
usi.jpg
本流は、増水のため釣りにならなさそうですが
支流はなかなか良い感じです。
ani.jpg
兄と私の竿にアタリが有りましたがうまく合いません。
魚がいるのが解ったのでモチベーションも上がります。
少し丁寧に粘っているとyamame1.jpg
良型ヤマメが、ようやく顔を見せてくれました。
それをきっかけに入れ食い状態になったもののkoburi.jpg
型は小さい物が大半です。
その後下流から上がってきた父と合流して釣り果を尋ねるとまだ釣れていないとのこと
魚のサイズが小さい事を伝え針を交換した父はそれから急に入れ食いになり
共にかなりの数を上げました。
それにしても父は私の師匠だけあってかなりの腕前です。
あんなに鋭い合わせはなかなかできるものではありません。
こと合わせの1点だけ見れば私の腕はまだ父に遠く及ばない事を実感しました。
兄は先に上流へ釣りあがったので父と二人で釣っていました。
何とか釣り果を離されないように私も技術をフルに活用してかなりの釣り果を上げたました。
今年最高の釣り果です。
ryou.jpg
3人ともそれなりに釣れましたが
私が気になっていたのは父との差です。
10年程前は腕の差は歴然父が200匹釣り上げる中私は10匹なんて事もありました。
ですが私も今は絶対の自信を持っています。
釣り果をカウントしてみると私が58匹
父が60匹と2匹差でまだ及びませんでした。
アタリは私のほうがきていたのですが
まだ少し釣り方が雑なのかもしれません。
しかし父との差もここまで狭くすることができた事
目に見える成長として嬉しいものです。
さぁ5月はニジマスをバンバン釣っていきたいと今から意気込んでおります。




スポンサーサイト

profile

ファイナルフィッシャーマン

Author:ファイナルフィッシャーマン
1981年生まれの旭川住み。
小さな頃から釣りをしていて淡水魚水生生物に強い興味があり飼育などもしています。

entry
comment
trackback
archive
category
fc2counter
fc2counter
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by ファイナルフィッシャーマン

Designed by マンゴスチンw

極・ 渓流~北海道の釣り~ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。