ブログトップ > スポンサー広告 > 旭川市の川々について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > 未分類 > 旭川市の川々について

旭川市の川々について

旭川市、最近では
ヤマメ、イワナ、ニジマスの釣り果や
サクラマスの遡上が確認されて
川々の魚影回復傾向にはあるようですが
実際に旭川の川はどれくらい渓流魚の産卵に機能しているのでしょうか
ヤマメのように川に密封されていては産卵できないような種は
放流活動をやめた時自力で増えることができるのだろうか
考えてみると難しいきがします。
イワナのように海・・・川の行き来がダムなどで遮断されても
増えることの出来る固体であっても
旭川市内の中を流れる川では、ではほとんど見ることができないです。
忠別川、美瑛川、石狩川これらは旭川区間キッチリと真直ぐに整備された川
蛇行しないこの川達に魚がどれくらい産卵できる環境があるのか
興味深いところです。
旭川市内でもかなりニジマスの存在は聞かれますが
これらが放流の残りが大半なのか放流したものが増えているのか
このあたりが謎のままですね。
ですがかえってニジマスの存在がヤマメやイワナに影響を与えている気もします。
もともと生息範囲が狭められている状態の川に外来種が放流され続けているのですから
影響はあるはず。
ヤマメは取水口の、イワナは工事とニジマスの放流、それに釣り人、川の汚染で
ここまで減ったのではないでしょうか
それでも去年色々旭川市内及び近郊でイワナも確認できたので
まだ居る事はいるイワナ大切にしたいですね。
市内で釣ったイワナはリリースがいいかもしれませんね。
ヤマメにいたっては今は復活できるかの微妙なところです。
ヤマメそのものを釣ることはさほど影響はないと思いますが
銀毛ヤマメは、まだ徹底したリリースを心がけサクラマスの密漁などはもってのほかだと思います。
旭川市で楽しい釣りをしながらも皆で川を守って行く気持ちになれば
魚が生息する川の名前を伏せずとも環境を守っていける気がしています。
旭川にヤマメとイワナを復活させればニジマスを増やさずとも楽しめるのですから
まずはもともとの在来種を守る事が大切だと私は思います。

ちなみに禁煙15日めです。
かなり楽になってきました。
あとお金が本当に減らないので皆さんも禁煙いかがですか(^^)
スポンサーサイト

コメント

自分としては

雨鱒・オショロコマは在来種ですけど、残念ながら今のヤマベは、虹鱒同様移入種です。

産卵に遡上した親魚の5%位は、母川回帰しないそうです。種を絶えさせない為の本能だそうです。
この行動で増えたヤマベなら、在来種です。時間は掛りますが、確実に増える事を願いたいですね!

自分としては、本物の天然ヤマベが旭川の川を泳ぐ事を願います

2010年03月15日(月)22時47分38秒|URL|渓流迷人 #-|編集Λ
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://finalfisherman.blog56.fc2.com/tb.php/113-5c76bcb3

profile

ファイナルフィッシャーマン

Author:ファイナルフィッシャーマン
1981年生まれの旭川住み。
小さな頃から釣りをしていて淡水魚水生生物に強い興味があり飼育などもしています。

entry
comment
trackback
archive
category
fc2counter
fc2counter
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by ファイナルフィッシャーマン

Designed by マンゴスチンw

極・ 渓流~北海道の釣り~ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。