ブログトップ > スポンサー広告 > 江丹別川増水

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > 未分類 > 江丹別川増水

江丹別川増水

今日何処かに釣りに行こうと考えていました。
前に神居古端でのイトウが生息するなんて情報もありましたので
行ってみようかと思いましたが
その川、石狩川は数日前の豪雨の影響で
土色・・・これでは釣りにはならないと判断して
石狩川支流になる江丹別川に行ってきました。
しかしながらここも増水F1010012.jpg
F1010014.jpg
でも一応竿出してみましたが
やはり反応無し・・・
でも懐かしいです。
ここはこの川の最下流で石狩川とぶつかっています。
私が子供の頃毎日ここに一人でやってきてはウグイを釣るそんな事を思い出します。
当時ここの川岸でミミズを彫って餌に使っていました。
ここのミミズはよく釣れるという評判で
よくミミズを彫りに来ている人もいます。
今回魚は居なさそうなので
ミミズを取って違う場所へいきました。
まず江丹別川上流も見てみました。
F1010011.jpg
やっぱり少し荒いですね
そこで川を変えて増水に強そうな
近くの伊野川へ
F1010010.jpg
ここはおちついてますね。
下流でやってみましたが
水質が非常に悪いです。
ボウフラでも沸いて居そうです・・・
釣れるのもウグイばかりです。
F1010008.jpg
だめですねこれでは
そこでさらに上流へ移動
田んぼがなくなった頃から
明らかに水質が変わり魚種も豊富に変わりました。
去年はヤマメの2年子以上のものがよく釣れましたが
本日はヤマメの新子が釣れてきます。
かなりの数でしたがなぜだろう今月頭には釣れなかったのに
まぁ新子ですからやっと成長してきたのでしょうが
自然産卵なら嬉しいなぁ
去年はサクラマスも居たみたいだしありえなくはないですね
それにしても数が多すぎかなぁとも思いますが
とにかくサクラマスが増えてくれると嬉しいです。
ニジマスも混じりながらなかなかの釣果でした。
F1010007.jpg
F1010004.jpg
F1010005.jpg
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年06月26日(土)23時02分45秒|| #|編集Λ
懐かしい

江丹別川…本当に懐かしいです。

高速の側に豚屋さんが有って、沢山釣れました。泣き鱒がね!

伊野川の魚が、動き始めてるんですね!自分も去年、そこに行きました。
確かに、よくヤマベが釣れました。放流の量が多いと思います。

あくまでも、自分の感触ですが!

2010年06月27日(日)00時39分36秒|URL|渓流迷人 #-|編集Λ
少年期、釣りのきっかけになった私の原点

渓流迷人さん
こんばんは

江丹別川の下流は
少年期、忠和に住んでいた私には
自転車で行ける絶好の釣り場でした。
大型ウグイとたわむれた日は
良い思いでとなって今も胸にあります。
当時はまだ渓流釣りなどした事などありませんでしたが
ウグイにフナ、かわむつなどと
非常に楽しい釣りでした。
そしてあの川の下流はコイが多くてよく目撃したり
大きな音を立ててはジャンプを繰り返し
まだサクラマスやアメマスなどと
であっていなかった私には
非常にコイの巨大さが胸を熱くして
釣ってみたい!と日々胸を焦がしていたものです。
結局巨大なコイを釣る事も無く
渓流釣りに転向した私が
いつかまたコイを釣ってやるなんて
気まぐれがおきれば
本格的に釣りにいくかも・・・当時を思い出していると
ついつい長文になってしましました。

伊野川ですが
今年は新子ばかりです。
やはり放流なんですかね?

2010年06月27日(日)18時16分13秒|URL|ファイナルフィッシャーマン #-|編集Λ

ずっとロム専でした。
河川名公開・非公開議論の中で気になる点があったので、ちょっとまとめてみました。


ぷらっとさんの発言から
>川は誰の物でもないでしょう。その川に放流があったとて、その魚すら誰の物言えませんよね、、違いますかね?

→→私はヤマメの放流に関わったことがあります(お金も出しています)。新仔で放流しましたが、放流したそばから抜いていく人がいました。
注意したら同じようなことを言われました。
ちなみにヤマメの放流数の9割が釣り人に抜かれているという調査があるのをご存知ですか?サクラマスとして遡上する確立を考えると(天塩川水系は例外として)、禁漁河川でない限り天然維持は無理です。
可能性があるとすれば遡上・産卵環境が整ったマイナー河川で隠れて放流していくしかありません。
他の対策としては条例で釣り禁止にするか、釣り人が声を上げて禁漁区を作るしかないのが現状です(千歳川では釣り人から禁漁の声が上がっていますね)。

>どーせ放すなら、もっと沢山減らないほど如何でしょう?
→→誰がお金を出すのでしょうか。ヤマメの養殖はニジマスよりお金がかかります。

>私自身はそういうの歓迎ですよ! 何処かの脚長オジサンが釣りを楽しませてくれる訳ですからね♪ 有り難くて涙ものです
→→少なくともぶらっとさんは川や魚を保護する側ではなく、誰かが放流した魚を独りよがりに楽しむ側のようです。
魚が減ったら「放流する人がたくさん放流しないから悪い」というタイプなのでしょうか?



渓流迷人さんの発言から
>河川名を載せた事に対して色々な意見をもっとらしく言ってますが、自分から言わせればそれは身勝手なエゴに過ぎません。
結局、人が沢山入れば魚が減る=釣れなく成る。こう言う事ですよね!
→→「河川名を載せた」ら「魚が減る」ことを第一段階として認識しているようです。




>自分も河川名を殆ど公表します。沢山の人が釣りや川自体に興味を持つ、そして川を楽しむ様に成る。
皆の物を大事にする。綺麗な川を維持する努力をする。
こんな感じで、無駄な河川改修の減少・河川環境の整備・ゴミの減少…そうなってくれればと、願ってます。
道内のブログの中では、釣りを通して河川環境や堰堤の問題をメインに扱っている方もいます。
河川名を出しているブログもあれば、そうでないブログもあります。それぞれアクセス数のとても多いブログです。

→→つまり河川名を公表してもしなくても
「沢山の人が釣りや川自体に興味を持つ、そして川を楽しむ様に成る。 皆の物を大事にする。綺麗な川を維持する努力をする。 こんな感じで、無駄な河川改修の減少・河川環境の整備・ゴミの減少…」
ことは可能ということです。


>川は皆の物、貴方の言う通り楽しく使いたいものです!
→→川は自然のもので人のものです。思慮深く川にかかわっていきたいと思っています





追記

ちなみに皆さん河川環境を維持するために何か活動していますか?
たとえば魚道・・・流木で機能していなかったら管理部門を調べて連絡する(すぐにきれいにしてくれます)。
たとえば魚・・・放流活動、保護活動に参加していますか?
たとえば釣り人の意識・・・過剰キープの人に働きかけていますか。それは問題だとはっきりブログで伝えていますか?

ところで正しいリリースの方法を知っている釣り人はどの程度いるのでしょう。
色々なブログ写真を見ても、岩の上に魚をおいて撮影したり、空気に長時間さらされて撮影されていたり・・・。
保護をうたっているブロガーの皆さんでもちゃんとリリースできていないのですから(もしかした撮影した魚はすべてキープ?)一般の方はさぞひどいのでしょう。


河川環境、魚資源を維持したいのなら、ブログで河川名公開している場合ではありません。活動するべきではないでしょうか。
活動しないなら「読み物として楽しんでもらえるように」と言うべきだと思っています。
活動してください。
活動しましょう。

2010年06月27日(日)22時01分16秒|URL|ASA #eEEuEJsU|編集Λ

ASAさん、はじめまして。そしてありがとうございます。

私が書き込みして以来様々な意見があり、一部非常に情けなさを感じていたコメントがありました。いわずものかな、足長おじさんの件です。

実は管理人さんも出て来て、コメントも出揃った感がありましたので、昨日コメントするにあたっての原稿を書き、いざ書き込みしようとしたらASAさんのコメントがありました。実に私が言いたかった事をほぼ全て言ってくれた感じがします。

私は特に団体に属しているわけでもなく、一匹狼でとある川で昨年桜鱒の産卵行動を晩夏に行っていました。思っていた以上に桜鱒の遡上は確認できてはいたのですが、しかしその数に対して産卵床の数が非情にすくないのです。

当たり前ですが、桜鱒が遡上出きても産卵床を掘る事が出来なければヤマべの数が減るのは当たり前です。だったら放流すれば俺たちの釣りが成り立つとここにコメントを書いていた釣師達に言われそうですが、ASAさんの仰る通りです。自然は人間だけのモノでもなく、放流には非常にお金と労力のかかるものです。残念ながらそのへんの事がわかってらっしゃらない釣り人がなんと多いことか。

私は比較的規模の大きな川、メディアに取り上げられている様な川であれば、こうしたブログでの河川名公開は仕方がないのかなとも思いますが、産卵場になり得る川の公開は本当の意味でヤマメが復活しない限りはするべきではないと思うのです。

管理人さん、デリケートな環境にあるとわかってらっしゃるなら、何故不特定多数、マナーもモラルもない釣り人も多いのに河川名公開にこだわるのですか?今回の全てのコメントをもう一度しっかり読んで見てください。

2010年06月27日(日)23時16分02秒|URL|ねむねむ #-|編集Λ
ぷ→『ぶ』デスヨ‥もぅ。

まあ、落ち着きましょうよ

ご自分の考えがあるのなら、自分のHPやブログ等で世に訴えればいいじゃないですか。ブログテンションを崩すなと言うのは そう言う部分ですよ

私は貴方とは考え方が違うのかもしれませんが、だからと言ってまた別な考えを周りに押し付けるようなのもどーか?ですよ。

釣りとひと括りしても、環境保護や自然保護と括っても非常に幅広く奥行きのあるものだと思いますから、カツカツな書き込みは必ずしも万人受けするものとは限らない‥もの

そこを言うんですよ、ただそれだけですね(^◇^)┛

2010年06月28日(月)03時43分58秒|URL|ぶらっと #-|編集Λ

みなさんこんにちは
いろいろな意見いただきましたが
ぶらっとさんの言うように
自分の信念はやはりご自分のHP等でうったえるほうが
良いと私も思います。
皆、川や魚が好きな事に変わりは無いのに非難中傷するような文のやり取りになってしまえば分かり合えるはずもないと思います。
川の名前公開の否定派の方には
理解が出来ないのかもしれませんが
私たちには公開すると旭川の魚が居なくなるとは
思っていません。
確かに釣り人が魚を減らしてしまっているのかもしれませんが旭川市ならもう公開せずとも状況は一緒だと思います。
川が発見しやすい上に釣り人
人口も多いですからだったらみんなでマナーを守りましょうという意見なのです。
ちなみにリリースにしても
私はいつも手袋着用で魚には触れないようにリリースしていますしキープも川や条件を選んでいるつもりです。
リリースのしかたなんかも記事のなかで紹介している時もあります。
私たちは釣り人です。
自然保護団体ではありません。
なので活動を教養されても困ります。
ですが最低限のマナーは守ろうと私は呼びかけているのです。
普段私のブログを見に来てくれる釣り人のみなさんと共有している楽しい時間です。
なにとぞ水をささずにお願いします。

2010年06月28日(月)07時06分29秒|URL|ファイナルフィッシャーマン #-|編集Λ
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年06月28日(月)21時02分23秒|| #|編集Λ

皆さん誤解されているようですが、私は河川名公開否定派ではありません。
実際に初心者の方々にとってはこのようなブログは必要だと思いますし、初心者のモラルを作り上げる上で、このようなブログ活動は大切です。
だからこそ私は今までも楽しく皆さんのブログを拝見させていただいていました。

だからこそ、このような議論が出てきたときにいくつかのコメントに疑問と不安を感じました。

河川を守る具体的な方法を解説していただいたものがないのであれば、初心者はどのような方法で環境を守っていけばよいのでしょう。

「私はそうは思いません」
思うだけなら、天塩川や石狩川にチョウザメを復活することもできるでしょう。でも、思うってそういうことなんです。思うだけでは乗り越えられない現実があるんです。

また、このような議論に、いきまいてブログテンション下げないでと言い始めたこと、そういうスタンスで議論が展開されたことが問題だと思います。
この議論を見た初心者は、「ヤマメは釣り人のために放流されているんだ。慈善事業なんだ。だからガンガン新仔釣っても、魚も川も誰のものでもない」と思いかねないので発言させていただきました。

うちの町内に釣り会があるのですが、そこがまたオールキープの集団です。会長に資源管理のこと、時代のことを説明しても理解をしめしてくれません。会員数も多いのですが、ここのブログを見たからといってリリース組になるとは思えません。
このブログを紹介すれば保護派になるでしょうか?


河川を魚を守ろうと発言している方々でもこれだけ意見が違うのです。オールキープ派がこのブログで新たな漁場を発見できたらどうなるでしょう。受け取り方はそれぞれの勝手ですから!
だから発言する者には責任が生じます。


ちなみに「自信でブログを運営して発言することではないでしょうか」という発言もありますが、私はブログをやっていないのでできません。というより、この場はブログ管理者の意見に反することには発言できないのでしょうか?
それは初心者に釣りへの考えの多様性を伝えれないのではないでしょか?

ファイナルフィッシャーマンさんはやはりブログ管理者ということでバランスを考えた発言をされてると思います。今後も河川環境・魚環境の問題を第一にしていってください。よろしくお願いします。

ぶらっとさん、
あなたのブログを紹介していただけないでしょうか?
勉強させてください。
この議論をロムしている人もきっとそう思っていると思います。

ちなみに私の発言に対しての、具体的な反論が無いようで寂しい限りです。せいぜい「KY」としか思われていないのでしょうかね。


伊野川…ぶらっとさんの発言で考えると、ヤマメもっと放流したほうがいいでしょう。エサで一人家族分としててんぷら20匹キープしたとして、
20匹×年間の釣り人の数=びっくりの数ですよ!
河川回帰の確立を考えた場合壊滅的な数です。
それを考えれば、魚資源保護の視点から安易に河川名をさらすことは危険であると理解できると思うのですが・・・?
ちゃんと河川のことを考えて河川名公開に踏み切る…でいいと思うのですが…ただ、それだけなわけで!

2010年06月28日(月)21時36分43秒|URL|ASA #qbIq4rIg|編集Λ
複雑な問題はすぐに解決できないもです。

ASA さんこんばんは

ASA さんが非常に熱のいれたコメントなので
自然に対する意識の高さは伝わってきます。
しかしながらキープ派の人が解ってくれない事や
私のブログを紹介して解決にならない
そういう事はすぐに結果にならないものだと思います。
そして私のブログを見て情報を得て釣りに出かける人がいる
それを非難することも非常に難しいこと・・・
ASA さんの仰るとおり発言には責任がついてきます。
だからこそそんなに簡単に人の行動を裁くことなどは
できないのではないのでしょうか
私はそう考えています。
私は私の釣りを考え方を人に伝えます。
私に対するコメントの返信はいりません。

2010年06月28日(月)22時06分27秒|URL|ファイナルフィッシャーマン #-|編集Λ
ASAさん私から貴方へは最後のコメントです。

あまり細かい話をしてもどうかと思っていましたが
ずいぶんと細かい内容になってきたのでいろいろ言わせていただきます。
いいですか
まずヤマメに関してはそもそも禁猟の期間が決められていますね。
それは銀毛ヤマメが海へ行くのを妨げないためですね。
さらには遡上したサクラマスを釣ってしまうのも禁止されていますよね。
銀毛が海へ海からサクラマスが・・・このサイクルを壊さないことで
守れる魚でもあるわけですよね。
川に残っているのはほぼオスのヤマメです。
それでも流石に全て釣り切ってしまえば産卵にも影響があるので
そこら辺を考えようと私はみんなに言っています。
でもねそもそも人を裁く事なんてできないんですよ!
議論したいなら直接会ってお話ししてもかまいませんよ!!
コメントはこれで最後にさせていただきます。

2010年06月29日(火)08時26分24秒|URL|ファイナルフィッシャーマン #-|編集Λ
ASAさん

持論講釈しあっていてもどーにもならないでしょう 私が別板ご用意しましたのでどーぞ。

携帯サイトですので携帯からアクセス願います。

2010年06月29日(火)13時29分16秒|URL|ぶらっと #-|編集Λ
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://finalfisherman.blog56.fc2.com/tb.php/137-531adf38

profile

ファイナルフィッシャーマン

Author:ファイナルフィッシャーマン
1981年生まれの旭川住み。
小さな頃から釣りをしていて淡水魚水生生物に強い興味があり飼育などもしています。

entry
comment
trackback
archive
category
fc2counter
fc2counter
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by ファイナルフィッシャーマン

Designed by マンゴスチンw

極・ 渓流~北海道の釣り~ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。