ブログトップ > スポンサー広告 > 剣淵川支流

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > 未分類 > 剣淵川支流

剣淵川支流

本日は午後から少し時間が有り
3時間ほどの時間を使い釣りに行くことにしました。
とは言うものの時刻はすでに午後1時過ぎ
どこか近場でなどと考えていると
ふと気になっていながら1度も入っていない
川を思い出しました。
旭川市から塩狩峠経由で
士別方面に向かうと途中、剣淵川支流の上流域と思われる
小さな川が見えます道路から見ていると
こんな小さな川でわ釣りにならないのでわないかと
思われますしかしながら10年ほど前に偶然そこを通ったときに釣り人らしき人影を
目撃したことがあります。
それ以降何が釣れるかもわからないその川が心にずっと残っていました。
今日は思いきってその剣淵川支流に入ることにしました。
さすがに旭川から近くあっと言う間に到着してすぐに川に下りてみました。
kenbuti1.jpg
いざ川に下りてみて驚きました。
私のイメージでは小さな小川程度にしか考えていなかったのですが
りっぱな渓流が展開しています。
これだけでも来て良かったと思える発見です。
ヤマメ釣りを好む私にとってこの流れは、かなり魅力的です。
k3.jpg
すぐに手ごろなポイントが出現して何気なく竿を入れてみました。
すると1投目ですぐにk2.jpg
小さいながらもヤマメが釣れてきました。
驚きました何か居るかもその程度の気持ちでやってきたこの場所
しかも旭川からほんの少し離れただけのこの場所で
ヤマメが釣れるとは、、
モチベーションが上がり少し歩いて見ることにしました。
k4.jpg
k5.jpg
ほとんどアタリはない物の上流域はすばらしい川です。
1キロほど釣り下った頃辺りはすっかり開け川も排水などが混じり民家も
川沿いに現れ始めます。
この辺りまで来るとアタリは全く無しのうえ工事が進みヤマメの居そうな川ではなくなってしまいました。
その見た目はウグイでも釣れてきそうな感じです。

ここで時間にして約2時間が経過しましたので本日は終了です。
k6.jpg
今日の釣り果は4匹
決して魚影が濃いとはいえない印象ですが
ヤマメが生息している事が解っただけでも収穫です。
それに短い区間をほんの少しの時間釣り歩いただけで結果を出すには
まだ早いのでシーズンには本格的に調査してみます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://finalfisherman.blog56.fc2.com/tb.php/20-30429cd8

profile

ファイナルフィッシャーマン

Author:ファイナルフィッシャーマン
1981年生まれの旭川住み。
小さな頃から釣りをしていて淡水魚水生生物に強い興味があり飼育などもしています。

entry
comment
trackback
archive
category
fc2counter
fc2counter
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by ファイナルフィッシャーマン

Designed by マンゴスチンw

極・ 渓流~北海道の釣り~ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。