ブログトップ > スポンサー広告 > 上紋峠の心霊体験・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > 未分類 > 上紋峠の心霊体験・・・

上紋峠の心霊体験・・・

今日ネットで怖い話を見ていたら昔体験したちょっと怖い事を思い出した
もう古い話しで記憶もボケている
ひょっとしたら若い頃、強い思い込みで不思議な体験をしたと感じただけかもしれない・・・でも今では確かめることもできないが、確かに経験した不気味な事・・・
それは私が車の免許を取って初めて車を購入したばかりの頃、当時から私は釣りが好きでいろいろなところへ釣りに出かけていた
今のように一人で釣りに出かけるよりは友達らとワイワイと、にぎやかに釣りに行くことの方が多かった
その日も友達ら3人と自分の4人で上紋峠のサクルー川上流へと釣りに出かけた
最初に申しましたように車の免許取りたての自分、今までは兄に釣りに連れて行ってもらうしかなかったのですが
これからは自分で好きな川に行き放題、その頃自分はいろんな川にドキドキしながら向かったものです
その日だって4人でどんなに楽しい釣りになるのかと皆でテンションを上げて車を走らせていた
季節は確か5月まだ寒かった興奮しすぎて早く出発したせいで到着したのはまだ真夜中・・・
仕方がないので車で仮眠をとることにしたが気が早って眠れない
では外を探索しようと皆で外にでた
懐中電灯が無ければ辺りは真っ暗闇だ
川の音がなんとも不気味だった
友達の一人が何故か金属バットを持参していた本人いわく熊対策だそうだ
少し外を歩いたが電灯一つないこの場所は暗すぎて何も見えないし退屈になってきたし
熊がでたら大変だという事になり車にもどることにして歩いていた
金属バットを持ってきた友達がその道中でアスファルトにバットを叩きつけてカンカン!と音を響かせながら歩く
これも熊対策と言っていた
私がその音止めろよと彼に言った
そう思うだろと言わんばかりに私の後ろを歩く別の友達に同意を求める意味で懐中電灯の光をあてた

ん?

懐中電灯をあてた光の先には見たこともない知らない人が笑顔でこちらを見ていた
しかも少しからだが透けている
着ている服が赤いトレーナーで私の友人と同じ・・・一瞬何が起きたのが解らず私はフリーズ状態でした
その後懐中電灯の光を右方向にスライドしながらずらすと同じく赤いトレーナーの私の友人が居た
この時初めて幽霊的な存在が目の前にいた事を悟り私は不覚にも絶叫した!
「わー!」その声に皆驚き走り出す!
私が友人の一人を捕まえて「走るな!」と叫ぶが友人に振り払われる!
それでもなんとか車までたどり着き車内に乗り込み皆とミューティングをおこなった
私が見たことを皆に伝えるが皆信じない・・・
私も見間違いしたかも・・・という気持ちになってくる
とりあえず仮眠をとり早朝釣りをするが結局釣れず
友人らは飽きて山菜を採ってくると行って別行動をとった
しばらくして戻ってきた友人らが青い顔をして昨夜見た幽霊の事を訪ねてくる
「本当に見たの?」だから本当だってばと思いながらなぜそんな事を聞くのか訪ねたが不気味がって言いたがらない
しばらくして帰る時がきた
帰り道例の不気味な人物を見た場所付近に車で近づいた時友人らがもう少しであれが有るみたいなことを話していた
なんだろうと思って運転しているとまさにあの人物を見た場所のガードレールに菊の花束が添えられていた

話はこれで終わり
真相のところは解らないが私が見た人物は事故で亡くなった人だというのか・・・
今となっては私の記憶の中で古ぼけて現実に見たのかさえ怪しいと自分でも思う不思議な話しです

スポンサーサイト

コメント

一人

FFさんこんにちは
見たのは本物の地縛霊のような気がしますね
馬平は経験が無いですが・・・
渓流を始めた頃はやる気持ちを抑えきれずに
夜中現地に行って一人車で仮眠しようと
数回試みましたが・・・怖くてやめました(笑)

2012年04月10日(火)11時26分06秒|URL|馬平 #-|編集Λ
若い頃同じく

釣りでわなくな頃私もありました。不意に見えてしまう、咄嗟に慌てずに内心で見なかった事にして対処 背筋ブルプルさせながらその場を足早に。あと山中の林道で車中泊したら、微妙に車がゆさゆさと揺れてて突風かと思いつつ眠気に負け 朝起きてみると、車のガラス面に手の跡がビッシリ よく見ると人のでわなくて熊さんの‥ドア開けて外に出ようと足元見たら、ぶっちらかされた熊さんの大糞! まだ付近に居るならまずいと車を転回させようと後ろ見たら 少し離れた沢の対岸にコチラをガン見する褐色の大熊が立ち上がろうかのとこ。すっ飛んで逃げたのわ言うまでもありませんw ちなみにコレ忠別支流ノカナンでの昔話です。他には、ごく最近の話ですが山女魚釣りに深山入った時 見えた訳でわないのですが時折息絶えだえのハァ!ハァ!ハアてのが聞こえていてある場所で悶闘してるかのうめき声と獣の唸り声 不気味なのでまだまだ山女魚追いたい師匠を無理矢理言い聞かせて即下山。私も色々ありましたよ!

2012年04月10日(火)17時08分37秒|URL|ぶらっと #-|編集Λ
馬平 さん

やはり霊でしょうか・・・私はあまり幽霊を信じる方ではないのですが
現実に体験した事も事実だし見間違えかもしれないけどやっぱり気持ち悪いですねぇ・・・
いろいろな面で、やはり明るくなってからの出発が安全ですね^^

2012年04月12日(木)18時26分52秒|URL|ファイナルフィッシャーマン #-|編集Λ
ぶらっと さん

熊ヤバイですねぇ!!
あの辺はやはり危ないのかなぁ
ピウケナイの林道で熊撃ちに会ったこともあるし危険ですねぇ・・・

2012年04月12日(木)18時29分36秒|URL|ファイナルフィッシャーマン #-|編集Λ
見ましたか(笑)

峠での死亡事故現場でよく聞きますよね!
間違い無いです!

自分も35年位前に、夜中のドライブで体験しました。
助手席の彼女が、ミラーに映ってると言いだしました。霊感が強いらしく、見えたそうです。
自分は何も感じなかったのですが、彼女の異常な脅えに帰って来ました。
場所は、忠別ダム上流のドライブインの付近でした。
10年位前にも、そこを通った時助手席の女性が同じ様な事を言ったので、霊の存在を実感しました。
自分は天幕付近走行中、白い物を見ましたが、無視して丸瀬布迄走りました。
そこも、死亡事故現場でした。確かパトカーの警官が亡くなったと思います。原因になった暴走車の目撃情報の依頼の看板が有った筈です。
記憶違いで無かったら(笑)

長く釣り歩いてると、不思議な体験はするもんですよ!

だから、自分は現地泊じゃなく、近くの道の駅や公園やパーキングで仮眠します。

2012年04月15日(日)19時12分24秒|URL|渓流迷人 #-|編集Λ
渓流迷人さん 

こんばんゎ~
随分昔のことなので見間違えかどうかも微妙ですが恐い体験でしたぁ;
山奥には恐いことがたくさんありますねぇ

2012年04月15日(日)19時33分04秒|URL|ファイナルフィッシャーマン #-|編集Λ
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://finalfisherman.blog56.fc2.com/tb.php/297-8aee86ab

profile

ファイナルフィッシャーマン

Author:ファイナルフィッシャーマン
1981年生まれの旭川住み。
小さな頃から釣りをしていて淡水魚水生生物に強い興味があり飼育などもしています。

entry
comment
trackback
archive
category
fc2counter
fc2counter
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by ファイナルフィッシャーマン

Designed by マンゴスチンw

極・ 渓流~北海道の釣り~ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。