ブログトップ > スポンサー広告 > 美瑛川支流

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > 未分類 > 美瑛川支流

美瑛川支流


今日は釣りに使える時間は2時間程度
遠出はとても無理です。
仕事の合間のほんの遊びには旭川近郊でのヤマメ生息の調査がちょうどいいので
今日もヤマメ生息川を探索しました。
最近いろいろと入りましたが、まだ調査不測の有力な場所といえば
旭川の大川美瑛川です。
個人的な6月のヤマメ生息調査で美瑛川支流は雨粉川とオイチャヌンペ川に入りましたが
いずれもヤマメは確認できずの状態
本流は餌釣りをするには
少し大きすぎる川なのでスルーしますが
旭川までサクラマスが遡上していることを確信している今となってはこの美瑛川にサクラマスが
登っていないはずがないと私は考えています。
しかしながらまだ確認できない美英川系のヤマメ今日は時間がないながらも
ヤマメを1匹でも確認したいと考えていました。
まずは前回不完全な状態で心に残ってしまったオイチャヌンペ川へ
oityanunnpekaryuu.jpg
出発してから約20分目的地の下流へ到着
時間がないのですぐに釣りはじめ
すぐに釣れたのは
knijim.jpg
小さなニジマスでした。
その後も割りとテンポ良くアタリはありますが全てニジマスです。
中には
houraimasu.jpg
今月内大部川で釣ったあの魚も
気になったので調べたところホウライマスで間違いないようです。
いずれにしてもヤマメ無しでした。
30分程経過して
見切りをつけました。
サクラマスが登っていたとしてもこの状態ではニジマスの魚影が濃すぎで
ヤマメにめぐり合うには確立が低い状態です。
時期を変えてまたこの川を調査してみたいと思います。

時間が押しています
急ぎ目に次の川へ
rubesibe1.jpg
次に入ったのは私も初めての川で美瑛川支流の留辺蕊川です。
旭川周辺に以外にも去年まであまり入っていなかった私は結構入った川が少なく偶然通りかかったこの川若干大きめの川ではありますが
なかなかの良い川で、すぐにこの川に入る事にきめました。
釣り人が橋の上から見えたので気乗りしませんが
時間が無いのでここから川へ入り釣りはじめるとすぐにアタリがあり
釣り上げてみると
rnijik.jpg
やはりニジマス
ここも駄目かと思いながらももう少し試してみようと
釣り続けていると頻繁にアタリがあるのに
まったく合わせがうまくいかず根気良く丁寧に
釣り上げてみると
osinnko.jpg
ついにヤマメの新子を釣り上げました。
感動ですやはり着々とヤマメが復活しているのです。
新子の存在で確信しました。
この川も自然産卵に成功しています。
その後も新子数匹を釣りました。
6月の新子にしては大きい方です
しかしながらまだ針にかからないのが大半ほとんどバラシてしまいますが
ニジマスも混じりながら釣れてなかなか面白いです。
ポイントによっては
ddiwana.jpg
ポロポロとイワナも釣れてきました。
旭川市近郊で3種同時に楽しめるとはまさに夢のようです
私が釣りを始めてからづっと心に描いていた理想です。
3種含めるとかなり魚影は濃いほうといえますが
ヤマメの型物は釣れませんでした。
先に人が歩いた後ですのでしかたないですが
時間が取れれば明日にでもこの上流や別の支流なじっくり釣ってみようと思っています。
uerubesi.jpg
z-mrube.jpg


スポンサーサイト

コメント

オイチャヌンペ川はニジマスばかりだと聞いてるので2~3回ほどしか行ったことがないです。自分はどうもあそこの川はヤマベと言う感じがしません。
行ってみたいのは多度志川と置杵牛川のダムより上流ですね。熊が怖いので一人では行きたくないですけどね。でも型物ヤマベが狙えそうな気がします。
今のとこ旭川近郊の川でヤマベを釣った事があるのは,忠別川,美瑛川,辺別川,志比内川,置杵牛川,伊野川,他に名前の知らない小さな川多数です。美瑛川の支流が一番釣れますね。忠別川は本流で型物合わせて7~8匹釣れたので驚きましたね。

2009年06月21日(日)01時09分07秒|URL|なお #-|編集Λ
旭川での

なおさん
こんばんわ。
旭川のヤマメはいつ頃から
復活していたのでしょうか?
私は昔からヤマメを中心に渓流釣りをしていたのでヤマメの居ない旭川付近ではほとんどやっていなかったんです
最近になって旭川でのヤマメ釣り果を
少し耳にするようになり今年に入ってからあちこちと探して回っています。
なおさんはいろいろと
この辺りの川にお詳しそうですね。
情報ありがとうございます。
参考にさせていただきますね(^^)

2009年06月21日(日)01時19分56秒|URL|ファイナルフィッシャーマン #-|編集Λ

自分は釣りを始めるようになったのは5~6年前なので,あまり昔の事はわかりません。忠別川本流でヤマベを釣ったのが2年ほど前ですので,そのくらいじゃないのかと思います。それまで忠別川ではヤマベなんて釣れませんでしたからね。

自分も本流よりは,自然の中の渓流で釣りをするのが大好きなんですよ。景色を見ながら釣りをするのがいいんですよ。山には山菜もありますしね。自分で川を探してヤマベ,イワナ,オショロコマなどが釣れれば感動です。
ちなみに伊野川も自分で発見した川でした。旭川でヤマベを釣る事が出来たので感動しましたが,放流魚だと知って少しガッカリでしたけどね。志比内川も放流ですしね。でもその放流によってヤマベの川→海→川が復活してそうな気がします。
現に伊野川では産卵場所も発見してますし,黒ずんだサクラマスも発見してます。

何年か前に,神居にあった大きなえんていがなくなってから魚が登ってこれるようなにったらしいですね。これがヤマベ復活の原因でしょうね。

2009年06月21日(日)07時45分15秒|URL|なお #-|編集Λ

ファイナルフィッシャーマンさん、お久し振りです。いつもブログ見てますよ。

留辺蘂川は私も気になっていたのですが、やはりヤマメがいるんですね。
ドライフライの場合、ヤマメは小さいながらもアタリが鋭く強烈なので、本当に楽しいです。

あまりにも小さい川だとバックスペースが取れないので、フライは無理なのですが、ファイナルフィッシャーマンさんのブログ画像を見ていると、オイチャヌンベ川と留辺蘂川はフライでの釣りができるように思いました。

本当に参考になりますね。

2009年06月22日(月)23時59分31秒|URL|HAKASE #-|編集Λ
はじめまして

オイチャンヌンペ川は少ないかもしれませんがヤマベいますよ。数年前に25cm位のを2匹続けて釣った事があります。なんでも某企業の接待でヤマベを放流していた一時期があったそうで、その子孫なのでしょうか?

昔の人の話によると、かなりヤマベの魚影濃い川だったそうで、これから先にヤマベ復活してくれると良いですね。

また遊びに来ます。

2009年07月17日(金)01時18分27秒|URL|720studio #-|編集Λ
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://finalfisherman.blog56.fc2.com/tb.php/75-013fd5b0

profile

ファイナルフィッシャーマン

Author:ファイナルフィッシャーマン
1981年生まれの旭川住み。
小さな頃から釣りをしていて淡水魚水生生物に強い興味があり飼育などもしています。

entry
comment
trackback
archive
category
fc2counter
fc2counter
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by ファイナルフィッシャーマン

Designed by マンゴスチンw

極・ 渓流~北海道の釣り~ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。